明日は、、せつぶーん

こんにちは、みくです!

明日は節分ですね!
といっても、とくに思い入れはないけど。

ちっちゃいときにパパが庭にでて、
これでもかというぐらいの豪速球の豆を投げつけてたのを覚えています。笑笑

そんな節分ですが、みなさん節分ちゃんと豆まきしてますか?

豆まきってなんでするのかそもそもしってますか?

豆まきって
昔は、年や季節のわかり目に鬼がやってきて、
病気や災害などの悪いことを引き起こすと考えられていて、
鬼に悪いことを起こされないよう、
年の変わり目である節分に、
霊力が宿るとされた大豆をまき始めたらしいです!!

そして、豆まきをした後は、
年の数だけ豆を食べるのがお決まりですよね。

「なんでまくのか?なんで豆なのか?」がわかったら
もっと気持ちのこもった節分ができそうですね!!

正直あんまり豆好きじゃないから、
年の数だけ食べるのは年々増えていくから辛いけど、
意味が分かれば辛くもなくなりそうですね!

ただ、一緒に住んでるおばあちゃん87歳だし、
そしたら食べるの87粒だし、
豆だけでお腹いっぱいなりそうですね、、。笑

みなさん是非いい節分を過ごしてください!!

関連記事

  1. 2019年2日目。

  2. やっとのこと。

  3. 谷内夏祭り

  4. 雨の日でも。

  5. 食物繊維。

  6. やさいいちー!!

  7. ニキビは潰さんほうがいい

  8. 初取り〜

  9. 秋祭り。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きょうと半農半芸プロジェクト

 

京都府、株式会社丹後王国、京丹後市大宮南地区移住促進プロジェクト協議会と吉本興業株式会社が共同して、府北部における移住・交流のモデル事例とするべく、新・住みます芸人”きゃろっときゃべつ”による「きょうと半農半芸プロジェクト」を2017年4月より実施。

高齢化や担い手不足等、様々な課題がある中で、京都府の「移住促進特別区域」として指定されている京丹後市大宮町大宮南に移住して活動し、地域や農業の魅力を発信していきます。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

2019年4月号より
”せんのりきゅう”改め”きゃろっときゃべつ”の連載が始まります。

 

▽▼クリック▽▼

 

月刊誌『農業協同組合経営実務』は、
農協の役職員向け雑誌です。
“お笑いの力”で地域の農業と人々の絆をつなぐ
きょうと半農半芸プロジェクト「きゃろっときゃべつ」
の活動を応援しています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PAGE TOP