どうも、実は

耳が福耳のせんのりきゅうのえいじです。(貧乏やけど)

昨日のみくちゃんのブログで柿の事書いてましたが

こないだ

一緒に住んでいるおばあちゃんが(87歳)

柿の木に登り

柿を収穫したり

道路側に出そうな枝を切っていました!

木に登ってる時点でもう危なかっしくて

見てられないので

 

柿の収穫をお手伝いさせてもらいました^_^

いっぱいとったよ^_^

そしたらおばあちゃん嬉しかったんかして

つい本音が出てました。

「えいちゃんが来てからこんな嬉しいことないわ。^_^」

 

???

凄い喜んでくれてよかったなー^_^。。

 

おばあちゃんが届かない柿や

枝をいっぱい切ってたら

 

最終的に両手を合わし

 

「ありがとう〜!!」

 

って拝まれました!

福耳やから大仏と勘違いしたんかな???

でも人の役に立てたんが凄い気持ちよかったです。

小学校の時ボランティア委員会入ってた時の気持ちを思い出した今日この頃でした。

 

 

関連記事

  1. これこれ〜〜

  2. 網野連合区長寿激励の会

  3. 口大野区敬老会。

  4. 裏話。

  5. 今年初の、、

  6. 今年初テレビ!!!

  7. 沖縄国際映画祭

  8. ひまわり🌻

  9. わたしからもあけましておめでとうございます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

きょうと半農半芸プロジェクト

 

京都府、株式会社丹後王国、京丹後市大宮南地区移住促進プロジェクト協議会と吉本興業株式会社が共同して、府北部における移住・交流のモデル事例とするべく、新・住みます芸人”きゃろっときゃべつ”による「きょうと半農半芸プロジェクト」を2017年4月より実施。

高齢化や担い手不足等、様々な課題がある中で、京都府の「移住促進特別区域」として指定されている京丹後市大宮町大宮南に移住して活動し、地域や農業の魅力を発信していきます。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

2019年4月号より
”せんのりきゅう”改め”きゃろっときゃべつ”の連載が始まります。

 

▽▼クリック▽▼

 

月刊誌『農業協同組合経営実務』は、
農協の役職員向け雑誌です。
“お笑いの力”で地域の農業と人々の絆をつなぐ
きょうと半農半芸プロジェクト「きゃろっときゃべつ」
の活動を応援しています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PAGE TOP