謎。

こんにちは、みくです!

最近、ひとつ疑問があります。

それは梨の品種の名前には秋がつくものが多いこと。秋月、秋栄、秋麗、、、。

なんでなんだろう?

秋に梨ができるから?

そんな簡単な理由?

え?どーなん?どーなん。

これが気になりだしてから早半月、、一睡もできんません。

だれか理由知りませんか?知れるまでまだまだ眠れない日が続きそうです、、、。

 

関連記事

  1. 最近本を読むのにはまっています!!

  2. 25歳の抱負。

  3. 見てくれた人ー?

  4. こんなところに京丹後!?

  5. みくの成長日記vol.7

  6. ついに明日!!

  7. もーいくつ寝ると。。

  8. 初手刈り!

  9. 余韻。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

きょうと半農半芸プロジェクト

 

京都府、株式会社丹後王国、京丹後市大宮南地区移住促進プロジェクト協議会と吉本興業株式会社が共同して、府北部における移住・交流のモデル事例とするべく、新・住みます芸人”きゃろっときゃべつ”による「きょうと半農半芸プロジェクト」を2017年4月より実施。

高齢化や担い手不足等、様々な課題がある中で、京都府の「移住促進特別区域」として指定されている京丹後市大宮町大宮南に移住して活動し、地域や農業の魅力を発信していきます。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

2019年4月号より
”せんのりきゅう”改め”きゃろっときゃべつ”の連載が始まります。

 

▽▼クリック▽▼

 

月刊誌『農業協同組合経営実務』は、
農協の役職員向け雑誌です。
“お笑いの力”で地域の農業と人々の絆をつなぐ
きょうと半農半芸プロジェクト「きゃろっときゃべつ」
の活動を応援しています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

PAGE TOP